テーマ:文学

相田みつをの「言葉」があれば文学はいらない人たち

私は,相田みつをが嫌いです.この人に対して私と同じように考えたり,感じたりする人は多いように思います. 以前,ある若い男性と世間話をしていて,「相田みつをが好きって奴で,仕事が出来る奴を知らないです」,「なんでもかんでも『人間だもの』で片付けてれば楽ですよね,出来ないやつには」とさんざんな言い方でした. その人は,大変優秀で…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

文学の有用性? 

日曜日の日本経済新聞の読書欄に,佐藤良明という人が,「半歩遅れの読書術」のコーナーで池澤夏樹著『世界文学を読みほどく』をとりあげていました. この本のマクロ的な視点のすごさにふれた後,「どうやら池澤氏も,文学を情熱の発散ではなく,理性の沈着として見る文学者の系譜に属するようだ.」と指摘し,「メディア時代の大衆思考の愚を嘆くそのリベ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more