相田みつをの「言葉」があれば文学はいらない人たち

私は,相田みつをが嫌いです.この人に対して私と同じように考えたり,感じたりする人は多いように思います.

以前,ある若い男性と世間話をしていて,「相田みつをが好きって奴で,仕事が出来る奴を知らないです」,「なんでもかんでも『人間だもの』で片付けてれば楽ですよね,出来ないやつには」とさんざんな言い方でした.

その人は,大変優秀で短時間でばりばり仕事をこなす.言い訳はしない.というタイプなので,相田みつを自身が弱く,さらに「弱い人間」同士が連携して,サボろうというのが許せんということらしいです.

太宰治が,その弱さや女々しさを文学にまで高めているのと対照的に,相田みつをの「言葉」は,仕事で失敗した後輩に居酒屋でもっともらしい慰めの言葉をかける「仕事の出来ない」先輩社員の言い草でしかないような気がします.

現実問題として,ダメ人間である先輩からかけられたやさしい言葉で救われる人間もいることでしょう.その言葉に無上の価値を見出す人間がいるかもしれません.さらには,その言葉は詩であり,文学であると,誉めそやす輩もいるわけです.

前日のブログで,文学の有用性について語ったとき,佐藤良明氏が用いた言葉「メディア時代の大衆思考の愚」の典型例として私が思い浮かべてしまったのが相田みつをでした.私が,このように言うのを聞いた相田みつをのファンは,「相田さんの言葉はすばらしい.感動します.だから,素晴らしい詩ではないのですか」と問い返すかもしれません.

それに対して,私はこう答えるでしょう.「詩などと呼べたものではないとは,あえて言いません.でも,優れた詩でないことは確かです.」そして,さらにこう問いかけるでしょう.「そもそも,あなたは,萩原朔太郎や西脇順三郎や中原中也といった真にすぐれた詩人の詩に親しんだことがあるのですか?」

ダメ人間ならば,誰でも簡単に相田みつをになることはできます.実際,居酒屋には相田みつをと同じレベルの救いの言葉を紡ぐ心優しき「詩人」があふれています.(注参照)しかし,誰もがダメ人間(かつすぐれた詩人・小説家)としての石川啄木や太宰治になれるわけではないのです.

相田みつをを批判することは,すぐれた文芸に親しむことなく,居酒屋の会話で満足し,安易な思考にとどまる大衆を批判することです.もっとも,批判された大衆にとっては,よけいなお世話,あるいは何様だ,といった反感を引き起こすものでしかないかもしれません.

それでも,批判することを抑えられないのは,すぐれた文芸というものを支えるのが,批評家などではなく,最終的には大衆だからです.一人一人の大衆は,自覚を持たないかもしれませんが,やはり文化の担い手であることに間違いはないのです.

つぎのようなたとえ話をすれば少しはわかりやすいかもしれません.市井の人の味覚が,完全にファストフードのみに反応するようになった世界があったとしましょう.ごく一部のグルメが高度な食文化を維持・発展できるかを想像してください.

注:相田みつをの「詩」が簡単に模倣・パロディ化できることは,インターネットのいろいろなサイトで実証済みです.

"相田みつをの「言葉」があれば文学はいらない人たち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント