フルートのレッスンで,曲は中々仕上がらず

(この記事は,7月10日ブログ再開後に書かれています.)
J.シュトラウスのワルツの2フルート編曲版をずっとやっているのですが,編曲が意外にこっていて音域は広い,時々やりにくいパッセージがあったり,で中々仕上がりません.
シュトラウスは,聴きやすいメロディーのワルツで,誰もが聴いたことあるものなんですが,ときどき馴染みが薄いパートがあったりします.そこの部分の編曲がこっていたりすると,一人で練習すると????状態なのです.

なぜかと言うと,2本のフルートで吹いてナンボの編曲につくられているからです.先生は,片方のパート譜しかコピーをくれなかったので,もう一本のラインがわからないんですよね.

あと,いろいろ忙しいのと,フルートに興味がなくなってきたのとで,練習時間が激減しているために,前に進めません.

個人的には,早くこの曲を仕上げて,自分の好きなバロックのフルート無伴奏曲(マラン・マレー)をやりたいなと思ってます.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック