今日は7月11日,大震災から4ヶ月過ぎました

3月11日の東日本大震災の日,自宅にいて子供が帰ってくるのを待っていて,すごく大きな地震に取り乱したことを鮮明に記憶しています.

その日,多くの人命が失われ,被災地の復興がいまだに中々進まないことも承知しています.そして,福島第一原子力発電所の事故は,これからの日本と日本人にどのような厄災を及ぼすのか想像もつかないほどです.(楽観する人たちが信じられません.)

当日,M9であるという第一報がTVで流れたとき,直感的に万単位の人が亡くなると感じ,それが当たってしまいました.1日にそれだけの人が亡くなるという事態を想像するとき,4ヶ月たった現在でも胸がつぶれるような思いです.

被災地の現状の報道写真を見ると,(人によっては復興が進んでいると思うようですが)私はまるで手付かずであるようにさえ思います.ほとんどが瓦礫ですし.

一方で生き残った方は,なんとか生活を再建しようと努力されていると想像します.大変だと思いますが.私は,少しずつ,立ち直ることも信じています.

実は,私の仕事上の知り合いで,阪神淡路大震災の被災者がいらっしゃいます.その方が関西人であることは知っていたのですが,九死に一生を得たことを,今度の震災のことで始めて知りました.

その方は,阪神淡路大震災の当日,激しい音と揺れで眠りから覚め,ベッドから立ち上がろうとしたら天井が落ちていて立ち上がることができなかったそうです.なんとか這い出したら家は倒壊していたそうです.

でも,その方は現在普通に暮らしていますし,被災者であることは表に出すことはないです.なんとか,立ち上がって生活を再建したのです.すごいなあと思います.

その方の父上はお医者様で,当然阪神淡路大震災の被災者なのですが,今回の震災では,すぐさまボランティアの医師として被災地に向かわれました.強いです.本当にすごいです.

大自然の脅威になすすべもない,か弱い人間.その脅威の後に,なんとか生きようとするしぶとい生命力をもつ人間.人間の二つの面に,私はなんとも言えないものを感じてしまうのです.




徹底図解 東日本大震災 (双葉社スーパームック)
双葉社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 徹底図解 東日本大震災 (双葉社スーパームック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック