フルートのレッスンのテンションが上がりません

今日は,今年に入ってから3回目のフルートのレッスンでしたが,事前に全然練習しませんでした.しかも,これをやってきなさいと指定されたものがあったのですが・・・

フルートを今よりも上手くなるためには当然もっとちゃんとした練習,つまりピアノのハノンみたいなものにあたる,タファゴベとかを自分が吹く時間の大部分をしめるくらい練習しなければならないことはわかっています.

でも,上手くなってみても何を励みにするのだろうというのがわからなくなりました.発表会で,すごく難しい曲を吹いてみて上手く出来たとして何なのでしょうか.難しい曲は近現代に集中するのがフルート曲.発表会に来る人は,そうした曲自体に違和感を感じます.

褒めてくれたとしても,結局分かっているんだか分かっていないんだがこちらは分かりません.というわけで練習にも力が入りません.

ちゃんと家での練習もしてこない私に,先生もさじを投げる日も近いかも.

最近,他の楽器をやってみたくなっているのでした.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック