フルートの発表会が終わりました

小学校3年生の娘に伴奏させて,私のフルートの発表会に出ました.結果としてとても上手くできました.細かいところで,問題もあったのですが満足しています.

フルートの先生に下の娘の伴奏について何度もアドバイスをもらいましたし,会場に自前のペダル台を持っていったしで,万全の準備をしたのもよかったです.

子供がピアノも3年間やると,身体的に弾くのが苦しいという曲以外,フルートの定番曲の伴奏程度ならば普通にこなせるというのが自分としても新鮮でした.

伴奏も慣れなので,ちゃんとフルートのテンポ・強弱を聴きながら自分の演奏をコントロールもできるのが,わが子ながら頼もしいと思いました.しかも,本番で物怖じせずできる.

まあ,ことある事に下の娘を大勢の前で演奏させるように仕向けてきたことが効を奏したということもあります.また,自分と他人を比べるような意識をもたせないようにしています.

自分の目の届く範囲で,比較して一喜一憂する愚かさは十分理解させようと,常々,「あなたよりも下手な子がものすごくたくさんいるのも本当だけど,あなたより上手な子も数え切れないくらいいるのよ」と言い聞かせています.

でも,思うのですが発表会を終えてみて感想を言われるのですが,常に娘とセットで褒められたり,娘をメインに褒められたりで,ちょっぴり複雑な気分です.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック