秋のフルートの発表会が終わりました

今年も,下の娘の伴奏で出ました.練習の過程で,伴奏の音を聴くことの大切さを,先生から何度も注意されました.

うちの娘にとっても,小さい頃から伴奏をたくさん経験することはとてもよいことなので続けさせていますが,伴奏をする方も,メイン楽器の動向に神経をとがらさないといけないことも確かです.

何人かで,一つの音楽を作り上げていくとき,自分がいったい何を担当しているのか,音楽のどの部分を表現しているのか,を考えることは,全体としてみたときの音楽を想像することになります.

よほどの人間でなければ,音楽は美しいほうがよいと思うので,自分がどうすれば今演奏している音楽がどうよくなるか.これが体験できるのは,娘にとってよい経験です.

ピアノの先生も,フルートの先生も,娘をとってもかわいがってくれるので,とてもよいアドバイスをしてくれます.

あ,私ですか.娘の熱演に負けないように,頑張りました.当日聴いていたいろいろな方にお褒めの言葉をいただきました.それが,娘にとっての一番のご褒美だと思うのですが,xxxを買ってほしいとか,要求は一人前です.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック