タファ・ゴベはいらいらします

タファネルとゴーベールによる日課練習は,モイーズのソノリテと並んで,世界中のフルート吹きの生活を支配しています.(誇張ですが)

もちろん,厳格にこの2つを,毎日,どのくらいこなすかは人それぞれ異なるでしょう.ただし,フルートという楽器の特性を考慮した上で書かれた,この2つの本は,本当によくできています.

機械的に,漫然と練習することは,スポーツであろうと音楽であろうと練習上効果をもtらしません.しかし,この手の練習を高いmotivationをもってやることは難しい気がします.

初学者にとっては,実は難しい部分があって,どうしてもクリアできないでしょう.そこで,どうしていけばいいか,独学で,この2冊をたよりにやっても効果は薄いということになりかねません.また中級以上の人で,表面的に出来るようになったと思ったら,急速にmotivationは下がる人がいるかもしれません.つまり,この2冊を用いて到達すべきゴールは存在しないということを忘れてしまうのだと思います.

ということは,わりと機械的に音符が並んでいるこの2冊に書かれている意味を正確に理解している人間が,練習する本人に定期的にチェック・助言するということが必要だということです.

というわけで,やらなくちゃいけないことは,わかっているのですが,なかなか満足のいくようにはできないものです.とほほ.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック